アーバンヘアミキは男性かつら・女性ウィッグ・医療用ウィッグの総合卸販売商社です。

アーバンヘアミキ

カレンダー

2017年8月
« 7月 9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
男性用かつら
女性用かつら
医療用かつら
かつらウィッグ通信販売
かつら・ウィッグ修理 リペアミキ
かつらのまめ知識
miki BLOG
JIS規格 自己適合宣言

BLOG

アーバンヘアミキ PUREローションの成分

こんにちは、しまだです。
今回は、アーバンヘアミキの自社ブランドのPUREローションの成分について詳しくお話します。
PUREローションは、クシ通りを良くし、静電気を防止する毛髪保護剤です。

 
 
・変性アルコール
収れん剤、溶剤
 
・イソベンチルジオール
保湿性、抗菌性に優れている。髪のキューティクルを補修。
 
・PEG-200水添ヒマシ油
界面活性剤。低刺激で最も安全性の高い成分。目薬にも配合されています。
 
・ジメチコン
光や熱に対して強い性質を持っています。保湿性が高い。髪から水分が抜けてしまうとパサパサな状態になってしまうので、それを助ける成分。 
 
・PPG-3カプリリルエステール
比較的新しいコンディショニング成分。油分成分を髪へ均一に吸着させるサポートの役目。手触りやツヤ感アップ。
 
・アルギニン
天然に存在するアミノ酸。水と結合しやすい構造で天然の保湿剤。
 
・クエン酸
髪は弱酸性でシャンプー後は弱アルカリ性です。バランスが崩れてしまった髪をクエン酸で中和することによってサラサラにします。シャンプー後、開いてしまったキューティクルを引き締める効果があります。
 
・フェノキシエタノール
玉露の揮発成分として発見。高い殺菌効果。天然成分というイメージの良さで無添加化粧品にも使用される場合が多いようです。
 
・メチルパラベン
防腐剤目的で配合される成分。とても広範囲の微生物に有効なため、抗菌作用は非常に優れており、なおかつ毒性も低い方です。

2017年08月30日
アーバンヘアミキ PUREシャンプーの成分

こんにちは、しまだです。
これまで、シャンプーの種類や良いシャンプーの見分け方についてお話してきました。

 

アーバンヘアミキでは、本当に髪のためにこだわり、クオリティーの高い成分で作った自社ブランドPUREシリーズのシャンプー・コンディショナー・ローションを取り扱っています。
今回は、PUREシャンプーの成分の特長について詳しくお話します。

 

・コカミドブロビルベタイン
両性界面活性剤、コカミド=ヤシ油脂肪酸、ベタイン=砂糖大根
マイルドで刺激性はほとんどない。安全性が高い。洗浄力は弱い。

 

・イソベンチルジオール
保湿性、抗菌性に優れている。キューティクルの補修。安全性は非常に高い。防腐剤としての役割。

 

・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
界面活性剤のサポート役として足りない分の洗浄力を補うという配合方法。マイルドな洗浄力の弱い界面活性剤。

 

・ココアンホ酢酸Na
天然由来の低洗浄。マイルドなベタイン系。

 

・ラウロイルアスパラギン酸Na
アミノ酸系界面活性剤。低刺激で生成分解に優れた安全な成分。

 

・ヒドロキシロブロピル加水分解シルク
天然に存在するアミノ酸。絹から得られるポリペプチド誘導体(毛髪保護皮膜を形成する)

 

・シクロヘギサン-1.4-ジカルボン酸ビスエキシジグリコール
有効成分を髪に浸透させる働き。保湿剤、コンディショニング剤。

 

・ジヒドロキシプロビルアルギニンHC1
保水剤、保湿、湿潤剤。

・ジメチコンコポリオール
シリコンの一種と界面活性剤を合わせて製造した成分。日焼け止め、ファンデーションに利用されています。

・フェノキシエタノール
化粧品を腐敗から守る為には必要な成分。自然界においては、玉露なども合成される揮発成分。

・ボリクオタニウム-10-メチルパラペン
食品の防腐剤として使用される成分。コンディショニング効果、帯電防止効果。

・ラウロイルシルクアミノ酸Na
PPT洗浄剤、界面活性剤に補修性を持たせたもの。クオリティが高く、非常に良い。

・塩化Na
塩のこと。増粘効果、キューティクルを引き締める。

・加水分解ケラチン
ウェーブ効率向上、キューティクル保護、退色防止、ダメージ補修、毛髪のハリコシ

 

良いシャンプーとは、成分にこだわった質の高いものです。
即効性を期待するものではありません。

2017年08月16日
良いシャンプーの見分け方~補修成分もチェック

こんにちは、しまだです。
今回も、これまでお話してきたシャンプーについての続きです。

 

良いシャンプーに欠かせないのが、補修成分です。
傷んだ髪は、内部のタンパク質が流れ出てしまって髪にコシがなくなったり、クセがつきやすくなったりします。タンパク質が抜けた穴をダメージホールと呼ぶのですが、このダメージホールを埋めて、髪を強くすることを髪の補修といいます。
成分表示を見ると、加水分解◯◯◯と書いてあります。いろいろ種類があり、補修後の髪の仕上がりが違ってきます。

 

・加水分解ケラチン
ハリ、コシを与える。弱った髪に弾力を与える。ダメージヘアには効果的。
・加水分解コラーゲン
保湿効果の高い成分。髪をしっとり、パサつく髪に効果的。
・加水分解シルク
髪表面のキューティクルを整えて、髪をさらさらに仕上げる効果。ダメージヘアに効果的。
・加水分解コムギ
保湿効果あり。髪にツヤを与える成分。ベタつきにくいのも特徴。

 

また、香料についても、いろんな意見はあると思いますが、個人的には、シャンプーをする時、浴室内でシャワーによるマイナスイオン効果ときめ細やかなシャンプーの泡、そして香りによる癒し効果、心地良さも良いものだなあと思います。シャンプーが気持ちの良い時間になります。^-^

2017年08月02日